2009年7月22日水曜日

日食見たどーっ!!





































見た見た、見ましたよ~!感動しました。








お日様がお月様になった、そんな感じを受けました。









 福岡は曇り空で、しかも有りがたいことに薄雲でして、ちょうどフィルターの役目を果たしてくれました。雲間に浮かぶ秋の月、ではありませんが、お月様そっくりでした。









でもよーく考えると、これは月ではなく太陽なんですよね~。









でもって太陽が欠けて三日月になるのを見ることって、普通はあり得ないことなんですよね~。









ですから、言い方は悪いんですけど、ディカプリオが日本の連ドラに出るみたいに、大物が大物らしからぬ振る舞いをしたみたいでなんか変、というのが正直な気持ちです。役柄と役者が合っていない感じでした。








 でもでも、さすがは太陽。90パーセント欠けるとさすがに辺りが暗くなりました。そんでまた気温も下がったみたいでした。後で天神福ビルの温度計表示を見ると、11時半過ぎで27度でした。かなり涼しかったです。日食によるためか、夜10時過ぎに我が家に帰るときも、バイクで走っていると肌寒いほどでした。9月下旬の夜のようでした。








ローに着いて話をすると、ある先生は粋な計らいをしたそうで、授業中、11時前になって急に気分が悪くなったので10分間休む、と仰ったそうです。学生達はその10分間、日食を見ることが出来たそうです。逆にその間も粛々と授業を続けた先生もいたんだそうです。








次に日本で皆既日食が見られるのは北関東辺り、26年後です。それまで生きていられるかなあ。








ちなみにわたしが心底感動した天体ショーは、何と言っても獅子座流星群ですよ。あれほどの感動と恐怖を味わったことはありません。美しいとかきれいとかではなく、マジで怖ろしかったです。大粒の光の球の群れが夜空の片隅から音もなく猛烈な早さで地球をかすめて飛んでくるのです。あんなに早く動く物は今まで見たことがありません。2秒ほどで天の端から端まで飛び去っていくんです。自分の頭の中で『ヒュンッ!』と音が鳴っているんですが、実際は無音です。そんな光の群れがうじゃうじゃ飛んでくるんです。SF映画の中に居るように感じました。その上場所が田舎の実家の冬の真夜中だったので、澄んだ大気がキリリっと引き締まっていてぎっしりと星座たちが浮かんでいて、どぎついくらいに漆黒の天幕になまめかしく輝いていました。








今日わたしが日食を見た場所は百道浜の福岡タワー広場でした。








本当は浜辺に行って見ようと思ったのですが、パブリックビューみたいにみんなで見る方が楽しいなあ、と思い、ちょうどTNCテレビ西日本の朝番のキャスター達が外に出て日食の中継をしていたので、わたしもつられて見てしまいました。
















見終わって、バイクを天神に走らせ、早稲田セミナー、辰巳、という受験予備校をはしごしてめぼしい本を買って来ました。おいしい本が何冊かありました。








しめて1万4千円かかりました。








今日で倒産法実務の講義が終了、公法総合演習も終了、来週末から試験です。








公法総合演習の授業が終わったのが夜8時。わたしが帰り支度をしていると、若い女子学生が、自習室内に備え付けてある保温ポットからカップラーメンにお湯を入れてました。これから夜中まで自習室に残って勉強するのでしょう。大したもんです。








今夜は窓を閉めて寝ないと冷たい風に当たって風邪を引きそうです。
☆今日の写真の一押しは下から2番目、左下隅にビルがみえるやつです。
これは今まで撮った写真のなかでトップ3に入ると思います。是非写真に
カーソルを当てて左クリックして拡大してください。
また、拡大した写真をパソコンに取り込むと、更に拡大することが出来ます。









video