2010年8月15日日曜日

心広きチャコ











お盆に田舎に帰省してきました。チワワのファン太を連れて。





田舎にはチャコというコーギーの雑種が居て、果たして二匹が対面したらどうなるか、と少し不安でした。





チワワの方は案の定、臆病なくせにチャコに向かって吠えたてました。ところがチャコの方は、自分の縄張りによそ者がやってきたにもかかわらず、怒りもせず、むしろ一歩引いてました。





わたしがファン太を連れて散歩に出かけると、チャコは50メートルほどの距離を置いてつかず離れずで付いてきてました。





やはりなんか気になるのでしょう。私たちと一緒に行きたいけどオレがオレがと自己主張はしたくない、でも自分の存在もわたしに分かってもらいたい、そんな風情でした。





チャコのそんな奥ゆかしさにグッと来ました。





それに引き替え、チワワのファン太の方はというと、人間そっくりのイヤな性格の持ち主。ほんと、小さいくせにこちらの方がなんか人間くさいです。





多分、愛玩犬という種は買い主の顔色、感情を察知して自分の意のままに操ることにより自己保存を図るという本能を持っているのでしょう。わがままで甘え上手で臆病で内弁慶で打算的です。








☆ことしの夏はなんとなく虫の数が少ない感じがしました。例年なら網戸にびっしりと張り付いているのですが、ことしはほとんど見ません。




逆に、実家の縁の下に巣を作っているミツバチたちは猛烈に働いていました。熱に浮かされたかのようにしゃかりきになってせっせと取ってきた蜜を縁の下に作った巣に運び込もうと、ブンブン飛び回っています。それが玄関のすぐ横なので、かなり怖いです。




☆明日からの塾の準備が間に合わず、ちょっとマズイです。作らなければならないプリントが出来て無くて、顔が引きつり始めています。




 ただ、お盆休み中にたっぷり休養を取ることが出来、体力はすっかり回復しました。



いつもはカロリーオフの発泡酒ばかり飲んでいるので、実家でエビスビールを飲んだとき、余りの濃さに驚きました。




☆チワワのファン太は、わたしがこき下ろしたにもかかわらず、実家の母や兄家族にはめちゃめちゃかわいがられていました。ただまあ、『ブス可愛』って言われましたが。








video