2010年6月29日火曜日

偽計による自白

今回の相撲協会、特別調査委員会の勧告はまったくでたらめです。

元検事の大沢弁護士が良いことを言ってました。協会員に向かって、正直に申告したら厳重注意で終わらせてやるから話せ、と言っておきながら、正直に申告したら重い罰が。

逆に正直申告をしなかった琴光喜に対しては、ウソをついたから重い罰を下す、と。
憲法が保証する黙秘権は一体どこに行ったのでしょうか。委員長の伊藤名誉教授は、聞くところによるとあの伊藤整の息子さんだそうです。ですが法律については音痴だと思いました。

なぜかというと、貴闘力と琴光喜には重い処罰を下すが、その重い処罰の根拠としては暴力団とのつながりがあるからではない、というのです。すなわち、協会員と暴力団とのつながりは全くない、と言いました。ならばなんで重い処罰を下すことが出来るのでしょうか。単に内輪で賭博をしただけで協会から追放されるなんて重い処罰を下して良いのでしょうか。
やはり、彼らが追放される理由は暴力団に賭博の金が流れ、暴力団が相撲界を食い物にしたからです。それを否定しながら追放処分を下すとは、まったく理にかなっていません。
その上、記者会見では、暴力団との黒いつながりについては捜査の進展に従うとも言っています。
もう、論理がハチャメチャです。
大沢弁護士が憤慨するのももっともです。
わたしが一番?に思うのは、他にもまだ大勢賭博に関わった者がいるはずなのに、それには触れずに名古屋場所を開催しようとしていることです。
相撲界のウミを全部出すというのなら、全員の身辺調査を、いや捜査をすべきでしょう。
その上で暴力団とつながりのある賭博行為についてのみ厳罰を下す、それ以外の身内でのバクチは軽いバツにとどめる、とすべきです。

☆今、日本対パラグァイの決勝トーナメント試合の真っ最中です。恐くて見れません。

2010年6月28日月曜日

参議院選挙




昨夜は知らない間に寝てしまい、窓を全開したままだったので危うく風邪をひくところでした。
わんこの世話と久しぶりのプールとで疲れがドッと出たみたいです。
そのため、朝からロー別館に行って行政法と民事執行法の勉強をする予定がパーに。
仕方がないので中3授業のおさらいにと、衆議院総選挙、参議院通常選挙をまとめ始めたところ、これが厄介で、自分自身よく分かっていなかったことを知り、大いに勉強になりました。
と同時に、衆議院と参議院とでなぜ細かいところが違っているのか、理由が分からなくなりました。
それでネットで調べてみたところ、これまたよく分からず、おおよその見当ですが、議員達が自分の都合の良いように決めたんだ、という意見が一番説得力がありました。
☆最近の?
大相撲の野球賭博で、自己申告した力士達以外にも、やってて申告していない者がまだ大勢いると思うのですが、そいつらのあぶり出しってやってるのでしょうか。また、正直に申告したら大目に見てやるから、と協会が言ったのに、いざ申告したら重い制裁が下される、というのもなんか腑に落ちないし。
心配なのは我が郷土の英雄魁皇の名前が出るんじゃないか、と。千代大海もなんかやばそうだし、福岡県出身の益荒男、今の阿武松部屋の親方ですが、こいつもヤバイし、柳川出身の琴奨菊もヤバイし、、、、福岡大分出身者が多いのでとても心配です。


2010年6月27日日曜日

あぶないところ











きのう、授業は5時25分からの小6、でもその後7時からの中32コマのプリント準備のため4時過ぎに塾に行きました。到着してやおらプリント印刷を開始し始めた途端、専任講師がやってきて、あんみつ先生、ハイ、つぎの時間の出席簿です、と言ったのです。






えっ?わたしの授業はその次じゃないですか?と聞き返すと、一昨日の晩時間割が変わったんです、ご存じなかった?と。



も~っ。勘弁してつかーさい。こんな大事なことをなんで言ってくれないのか、たまたま早めに来たんで良かったけど、いや、良くなかったんです、そのせいで中3の準備が大幅に足りなくなってしまったからです。



で、この件について塾からは何のコメントも無し。ほかの非常勤講師の女性も同調して憤慨してくれました。自分も時間割の不意の変更で大変な目に遭い、それ以来トラウマになってる、と。



☆いよいよ本格的な梅雨に。とりわけ今日はスゴイ音でスコールのように降り出しました。


☆明け方5時、前の晩ウチにわんこを連れてきて泊めていたのでですが、新聞配達の音に吠え始め、それから挙動不審に。おそらくトイレのサインだと推測して散歩に連れ出しました。結構歩いて帰り着き、両足とお腹やおしりをウエットティッシュで拭いてやり、二度寝をし始めたところ、今度はわんこが布団の上でゲーゲー吐き始めたんです。


原因不明なのですが、長く散歩させすぎたのかも。


ほんと、わんこを泊めると睡眠不足になってしまいます。







video

2010年6月24日木曜日

ミニスカート


前原駅で電車を降りると改札は階段を上がったところに。
電車から降りた乗客がぞろろと階段を上がっていきます。わたしもその流れに乗って上がっていきました。すると超ミニスカートの制服を着た女子高生がわたしの前をなんか変な格好で上がってたのです。

なにしてんのかなー、この子?

といぶかしく思っていたところ、謎が解けました。彼女の超ミニスカートの中が階段の下の方から見える(らしい)ので、自分の学生鞄をおしりに当てて隠しながら上がっていたんです。



ふざけんな!です。だれがお前のパンツなんか見るかいっ!そんなに見られるのがイヤなら超ミニスカートなんかはいてくるな!とっとと長いスカートに履き替えなさいよ!



とも思いつつ、まあ、自己防御としては仕方がないかもしれないなあ、とも。



でも、たまたま彼女の後ろをテクテク上がっていたわたしにとっては、まるで自分が変態に見られたみたいな気がして気分は良くなかったです。






☆江戸時代の歴史で、宮崎安貞の『農業全書』というのが出てきます。ご存じですか。



あの水戸黄門が絶賛し、徳川吉宗も座右の書とした、農業に関するあらゆる有益情報を盛り込んだ農業指導書です。この本、11巻あるのですが、これを書いた宮崎安貞という人は黒田藩士で、藩つとめを辞めて今宿という、西新から前原までの中間地点にあるところで農業の改良事業をやっていました。



そしてこの本を出版するのに尽力したのがあの『養生訓』を書いた貝原益軒です。



毎日塾に通う途中、今宿駅に着くたんびに宮崎安貞の偉業を思い出してます。糸島農業高校は一時期宮崎安貞高校という名前を付けていたほどです。





☆今日久しぶりにローに行き、最高裁判所民事判例集をコピーしてきました。もう何年もローから離れてしまった感じがしました。今わたしの机がある別館は理科系校舎のビルの中にあり、ロー本館まで歩いてわずか5分ほどしか離れていないのですが、心理的距離は10キロくらい離れています。


もうすでに福岡を引き払って地元に戻ったひとも結構居ます。かれらと送別会をしたかったのですが、そのチャンスが無いまま、別れ別れになってしまい、とても残念です。


もっとも、もしも合格したらまた会えるじゃないか、とも思われますが、これが逆なんです。合格したらいきなり地方修習から始まるのです。ですから、余計にバラバラになりやすいです。




☆スーパーの入り口にチワワが2匹繋がれて、中で買い物をしている買い主を捜して玄関の内側をじっと見つめていました。そのうちの1匹は、我が家のわんこと同じタイプのロングコートチワワで色も同じブラックタンでした。表情はその犬の方が穏やか、我が家のわんこは睨みつけるみたいな表情をしてて、正面から見たら全然可愛くありません。


一番驚いたのは体の大きさです。我が家のわんこの方が一回り、いや二回りも小さいんです。ほかのチワワの成犬を見て初めて気が付きました。チワワにも異なる大きさの種類があるのでしょうか。

2010年6月23日水曜日

鉄男




地下鉄は姪浜駅に到着するとJR筑肥線に名前を替えて運行します。そのとき、運転車両のカーテンが開き、進行方向と運転席が見晴らせるようになります。



今日はずーっと鉄男になってしまいました。たしかに楽しいですね、列車の先頭から進行方向を眺めるのって。


法律の勉強から離れて塾のことばっかりやるのってかなり心沈む思いです。自分がどんどん法律業界から遠ざかる感じがして。


それで、これではイカン、と、民事執行法の本を持って行くことにしました。塾からの帰りの電車内でその本を読むことに。すると、西新駅に着くまでの所要時間26分間があっと言う間に経ち、精神的な安定剤にもなりました。明日からも続けようと思います。


今日は塾に入る前、いつものマックではなくミスドでアイスコーヒーを買いました。こっちの方が美味しいのが分かりました。


☆今朝、あまりの寒さに5時半に目が覚めました。開いた窓からもの凄く冷たい風が襲ってきたんです。窓を閉め、体を丸めてゲゲゲまでもう一眠りしてしまいました。


☆塾から帰ると、行政法の質問メールとローに通っているO君からの質問電話が。久しぶりに法律論を議論できて気分が良くなりました。





video

2010年6月20日日曜日

衆議院の優越







塾の3年生の授業は、期末試験対策で半分自習形式、質問があれば応える、というものでした。



そうしたところ、上位のクラスで女子生徒がどんどん質問を始めてしまい、こちらとしては待ってました状態なのですが、質問内容が期末試験の範囲から随分逸脱してしまい、はらはらしました。



試験範囲内での質問事項としてなかなか良い質問だったのが、衆議院の優越ってなに?でした。



あとは、地理の勉強の仕方を教えてくれ、など、中学生達の悩みが伝わってきて、それらに応えていくにしたがい、彼らとの距離がだいぶ縮まった気がしました。






☆昨日、N大先生から電話が。択一の結果はどうだったか、という、ダイレクトな質問でした。わたしが点数を言うと、う~む、イマイチだね~っ、と。



ほかの連中はわたしよりも40点多くとっているよ、なんておっしゃるのです。



言われるがまま、じっと我慢、でした。で、肝心の要件は、ゼミのチューター名簿にわたしの名前が載っていないのはなぜだ、ということで、結局、在学生の完全未修者のための基礎ゼミのチューターが足りないのでお前がやれ、うってつけだから、ということでした。完全未修者という人たちにとってはローの3年間はおそらく地獄の期間でしょう。法律を何にも知らないのにいきなり判決文を読み解くことを強いられるのですから。



でもねえ、いまのところ塾稼業で手一杯なので、どうなることやら、です。






☆塾に入る前、前原駅前のマックで、200円のアイスコーヒーと100円のシャカシャカチキンレモン味1個を買って行きます。その前に、西新駅前のファミマで105円のおにぎり、梅しそゆかりおにぎり1個も。どちらも結構美味しいです。教室帳は専任非常勤の隔てなく気を遣ってくれています。なかなか出来た人物です。



2010年6月18日金曜日

3Dテレビ







ヨドバシカメラで見てきました。思ってたよりも鮮明でした。たしかに三次元になってました。




でも、今まで自分の脳が平面画像を立体に変換してくれていたのを機械が代わりにやってくれたにすぎない、という気もしました。ですんで、感動した~!というレベルにまでは至りませんでした。




逆にずっと立体画像を見てたら鬱陶しくなりそうでした。




ヨドバシに行ったのは女房の実家でテレビを買い換えることになったからです。




結局、パナソニックのプラズマフルハイビジョン42インチを10万円というかなり安値で買うことに。




しかも20%ポイント付きです。実質8万円で買えました、もちろんわたしが、ではなく、女房の実家が、です。






今日塾で個別指導に来ていた若い女性に尋ねると、九大工学部4年生化学情報科?とか言ってました。来年は院に行くそうです。優秀ですわ。



9種類







期末対策テストと解答を昨日と今日の二日かけて作りました。ギリギリ間に合いました。





時間との闘いでした。18種類作らねばならないかと思っていましたが、試験範囲が同じ学校があったので、半分に減り、楽になりました。それでも二日連続5時間以上かかりました。





1つ作ると750円もらえます。これが750円でなく7500円だったら喜んでやりますけどね~。




行って教えてハイさよーなら、とはいかないもんです。ただ、昔勤めていたESKと比べれば、人間的な環境なので、時給は三分の二と少ないんですが耐えることが出来そうです。








塾を出るのは大体夜9時50分過ぎです。JR筑肥線に乗ると、いつも感じることですが乗客のマナーが悪いです。若者のマナーの悪さには辟易します。車内で平気でケイタイで話をするのです。




また、今度唐津に早稲田の中高6年一貫校が出来たのですが、そこの高校生達のマナーも悪いです。




ネームバリューのためか、こいつら優秀なんだろうなあ、と錯覚してしまいますが、実際は意外に低レベルじゃなかろうか、なんて思うほどマナーが良くないです。




鞄を床に投げ出して座席でひっくり返りながらケイタイしてたんです。よっぽど怒鳴りつけてやろうかとさえ思いました。たぶんわたしも疲れ果てて我慢力が減退していたのでしょう。






それに引き替え、塾の小学生達はとっても行儀が良いです。挨拶もきちんとしますし、なんか育ちが良いなあ、このまんま大人になって欲しいなあ、と思ってしまうんです。



中学生は、他と変わらず、です。でも生徒間の学力差が激しいのにはビックリしました。原因はやる気の有無にあるのだと見て取れました。励ましたり褒めたりする大人に恵まれていない生徒が結構居そうな気がしました。






☆ローの席替えをするそうなんですが、思わず一石を投じてしまいました。はたしてどうなるか、結果が判明する週末が楽しみです。





2010年6月16日水曜日

理不尽




きょうロー内のメールが届きました。一読して怒りで体が火照りました。自習室の席替えについて全く理不尽で差別的な取り扱いをするというのです。


 怒りを抱いたまま塾に行くと、対策プリント作りが全く捗らず、このままでは間違いなく間に合いません。で、18種類のプリントの最初の試作品を専任に見せると、これがダメだし。問題数が少なすぎるというのです。


 作り直しが完成したのは始めてから3時間後。あと17種類も残っています。もう、無理無理。


先週働き始めた人間に向かってなんて無茶な要求をするのか、とまたしても怒りが。




というわけで今日は怒りのせいでクタクタです。




☆きのうのワールドカップ、第一の殊勲者は絶妙のパスを蹴った松井ですよ。本田だけを持ち上げるマスコミには辟易しました。


と、本日3回目の怒りが。

video

2010年6月14日月曜日

お帰り!われらが英雄!はやぶさ!




7年前!日本が打ち上げた小惑星(イトカワ)探査衛星はやぶさが、艱難辛苦の末予定より3年も遅れてきょう無事、地球に帰還しました。






通信途絶、燃料漏れ、エンジンの故障、宇宙迷子、彷徨、再発見、地球への帰還、と、奇跡の旅をしてきたのです。まるでギリシャ神話のオデュッセイのようです。




もう、なみだなみだの物語です。しかも自分の最後の使命が、自らの生命を燃え尽きさせて体内に保管してたカプセルを無事に地球に帰還させることだったんです。


オマケも。着陸予定のオーストラリアでは実際に着陸した場所が予定地からわずか1キロしか外れていいなかったんです。そのうえ、なんとまあ、その土地がアボリジニの聖地だったんです。だもんでアボリジニたちにもヘリに乗ってもらい、カプセル落下地点でお払いしてもらったということです。


 最後まで神話的じゃあありませんか!





体が震えて涙が溢れて仕方がありませんでした。なんとなく人間的でもあるんです。あのNHKのおしんのようでした。



あらゆる苦難を踏み越えてちっぽけな衛星が60億キロの旅から還ってきたんです。



この、はやぶさはきっと日本の新しい神となるでしょう。ハヤブサ神社か何かが建てられると確信しています。もちろんわたしもお参りします。






※昨日今日はオシッコとウンチとゲロの処理でたいへんでした。



一昨日と昨日の夜は、わんこをサークルの中で寝かせるしつけをしようと奮闘し、寝不足に。



わんこが女房の布団で寝たがるのです。それ自体は良いとしても、夜中に起き出して台所の隅でオシッコをしてしまうのです。トイレシートには見向きもしないのです。



なので、夜中には自分のサークル(ケージ)に入れて出さないようにしようとしたのです。



そしたら、わんこのヤツ、う゛~っとうなり声を上げたり、ワンっと吠えたりして駄々をこねるのです。こちらもまたすこぶる人間的です。



もう、持久戦です。我慢比べです。わたしら人間側も無視を決め込んで素知らぬふりをし続けました。1時間くらいは布団の中でわんこの鳴き声に耐えました。



するとあきらめたらしく静かに。



その闘いを二晩続けました。次の夜はかなり静かになりました。




※で、今日は女房のお袋さんが田川の実家に帰っていて女房は会社へ。わたしはローで人と会う予定が。それで、わんこを女房の家のサークルに入れて留守番をさせようと。わたしが家を出て行くとき、サークルの中から立ち上がって猛烈に吠えはじめました。わたしは心を鬼にして出ました。


で、一人(一匹)だけでのお留守番を4時間させた後に帰ってみると、なんとまあ、とんでもないことに。


吠えては居ませんでしたが、サークルの中は黄色いウンチとそのウンチを踏んだ足跡が一杯と、クッションの上や周りに、わんこが吐いた吐瀉物がべったり。


恐怖の余りの仕業だったんでしょう。今まで一人っきりの時間を経験したことがなかったんでしょう。


風呂場に連れて行って洗ってやると、今度は居間の絨毯に白い泡のような、そう、まるでムースのようなものを吐き始めたんです。


それを拭いてやり、水を与えるとゴクゴク飲みました。


やれやれ、と一段落したと思ったのもつかの間、今度はマッサージチェアに、更にまた布団カバーの上に、と立て続けに吐いたんです。


それらの始末をしてたらお袋さんが帰宅。二人で拭いたり掃除したりとおおわらわ。


わんこはぐったりして人間に背を向けて丸くなって横になったまま。


夕方になり、少しは元気回復したようで、散歩用のヒモを見せると自分から装着しろとせがんできました。


それでちょろっとだけ散歩に。


その後、人間様達が晩ご飯を食べはじめてもわんこは寄ってこず、そっぽを向いて横たわってました。


すると、お袋さんが、わんこがあちこち嗅ぎ始めたからオシッコするかも、というので、一応念のためサークル内に置いていたトイレシートを持ってきてダイニングの隅の良くオシッコをする場所に置いてみました。


そしたらなんと!我が家に来て2週間目にして初めてトイレシートに上がってそこでオシッコをしてくれたんです。すわっ!とみんなで駆け寄り、もの凄いオーバーなジェスチャーでわんこを褒めまくり撫でまくりました。


そしてご褒美に骨の形の堅いスティックを与えると美味しそうに食べました。


みんなで良かった良かったと喜んでいたら、今度は同じトイレシートにウンチもしたんです。


いや~嬉しいのなんのって。


今度もまた大袈裟に褒めまくり、ご褒美を与えました。




☆結局この二日間はわんこのための日でした。超小型犬を室内で飼うのって、そのめんどくささは尋常ではありません。 小さな悪魔くんです。




2010年6月12日土曜日

郵便受け


試験が終わって1ヶ月。長かったです。択一の足切りの恐怖に苛まれながら毎日郵便受けを開けるのが怖ろしかったです。択一成績の通知が来ていないか、いや、このまま来ないで欲しいとさえ。

それがとうとう今日、来たのです。

塾に行こうとしたときでした。郵便受けに法務省からの通知が入っているのを見た瞬間、頭から血が引きました。ベリベリっと貼り付けを剥がすのに手が震えました。


セーフ!でした。自分の予想よりも良かったです。もちろんレベルは低いですが。
公法系でとんでもなく出来が悪いとふんでいたのに、意外に点を取れていました。謎です。
択一の恐怖から逃れることが出来、こんなにホッとしたことはありません。


おかげで塾での中三の授業、すべりまくりました。ちょうど公民の憲法のところだったので、大学の講義みたいに深入りしてしまい、大暴走。もうどうにも停まらない状況に。それだけ嬉しかったんですよ。


もう、感謝の一言です。何に?神仏に、森羅万象に、周りのすべての人々に、わんこに、ありとあらゆるものに感謝です。

※笑われそうですが、毎朝自分の手に自ら金色のペンで手相を書いていました。ローの入試以来です。


video

2010年6月10日木曜日

好きな言葉じゃないけど











今日は疲れ果てました。中一のクラス、30人も居て、ワンワンガンガンとまあうるさいこと。




一番やりつらいのは学力差が激しいことです。良くできる子と出来の悪い子の両方がうるさいんです。




真ん中の子はこれが逆に無反応。




これからどうやって調教していこうか、悩ましいです。




その正反対が小学生たち。全員と言っていいほどよい子ばっかしです。奇跡のような気がしました。




家庭の雰囲気が良いんでしょうね。みんな素直でちゃんと勉強します。本当に素晴らしい。




でもって歴史好きが多いです。物知りで、特に男の子の半分以上はお宅みたいです。








最近の塾ってハイテクですよ。講師は授業が終わったらさっさと帰れるわけではありません。生徒を帰らせた後パソコンのページにその日やった授業内容と進路、宿題をアップしなければならないのです。




父兄がそのページを開いてチェックするためです。これだと確実に父兄は塾の様子をしることができますから有効性に疑いはありません。ですが、そのせいで帰りの電車が1本遅れることに。








母が福岡に同窓会に来ていて、宿泊先のホテルに女房がわんこを連れて会いに行ってきたそうです。




わんこは恐怖で固まっていたそうです。臆病で我が儘、手が焼けるヤツです。




2010年6月8日火曜日

久しぶりの








8年ぶりですか、塾で教えるのって。





久しぶりに社会の授業を、4コマ連続でやってきました。1コマ45分です。





小51クラスの二コマ連続と小6が2クラスです。前原地区の子供達は、昔もそうでしたが今も素直で明るいです。どのクラスも6人~8人なので、こじんまりして教えやすかったです。





また、専任講師も非常勤講師もみんな人格者ばかりで、大変ビックリしました。普通、塾の先生のなかには変なのが必ず居るのですが、今回はみなさんノーマルで、親切でした。感謝。










世の中変わったなあ、と思った点が二つ。一つは、ミカンの生産日本一が愛媛県では無くなったこと。とうとう和歌山権に負けてしまいました。もう一つは、学校の教科書も学校が出す宿題帳も、塾のテキストもみんなカラー印刷なんです。もう、サービスてんこ盛りです。





勉強する気にさせるような体裁に作られていてとても素晴らしいと感心しました。










☆塾を出たのが夜9時35分。JRに乗り、姪浜でそのまんま地下鉄になり、西新駅に着いたのが10時6分。この先ずっとこんな生活を続けなければならないのかと思うと胸が締め付けられました。
ただ、一日中体を動かしたためか、お腹の具合はかなり良くなってきました。
もっとも、これわたしだけかもしれませんが、お腹の具合が悪くなると、決まって炭酸飲料が飲みたくなるんです。で、帰りのホームでダイエットコーラを買ってゴクゴクやりました。





☆☆ まだ法務省から通知が来ません。だんだん腹が据わってきました。もうどーにでもなれ、って。




それで考えたんです。なんで択一にこんなにビビルのかって。分かりました。トラウマです、旧試

験の。択一試験でどれだけ痛い目にあったか、無意識のうちに恐怖に怯えていたのです。




    ・・・・でもやっぱコワイっす。      




☆筑前前原駅は地下鉄西新駅から25分西に行ったところです。西新駅から距離にして16キロ。唐津までの中間点です。魏志倭人伝の「伊都国(いとこく)」があったところです。ちょっと前までは糸島郡前原町と言ってました。同じ糸島郡に、志摩町というのもありました。だから、いと+しま=糸島となったわけです。


前原町には、いと城(りっしんべんに台と書いて、い、と読みます、後は土)という古墳時代の城跡があります。そこから山の尾根伝いに東へ進む太宰府への最短コースの軍用道路が通じていました。

また、平原古墳(ひらばるこふん)といって、国内最大の大きさ、直径46センチもある銅鏡(国宝)が出土した古墳もあります。
※ここで自説を。この前原(まえばる、と読みます。原をパルとかバルと読むのは朝鮮式の読み方です)付近には神話に出てくる地名がどっさどっさあります。
たとえば、ヤマト=山門、日向=ひなたと読みます。どちらもこの辺に存在します。そして平原古墳はこの日向峠を下ったところにあるんです。
古事記はこの辺りの神話をもとにしたのではないかと思われます。
※※ くどいですけど、もう少し聞いてやってください。今、奈良地方で、まきむく遺跡から大量の銅鏡が発見され、その多くが三角縁神獣鏡だったので、そこが卑弥呼の墓だと言われています。
けど、肝心の魏の国ではこの三角縁神獣鏡はほとんど出土してないんです。日本で勝手に作ったのだと考えるのがスジです。
また、三種の神器、鏡、玉、剣、が同時に同じ古墳から出土したのは前原を中心とする北部九州だけです。近畿地方の古墳からは三種の神器が同時に出土した例はありません。
※※※以上から、天皇の出身地も卑弥呼も北部九州っぽいと考えます。半島に一番近い場所ですもの、そう考えるのが合理的じゃないでしょうか。
それから、邪馬台国、という国は存在しません。邪馬壱国はありましたが。
つまり、難しい漢字のたい、という文字は、魏志倭人伝ではほんの数カ所しか使われておらず、その意味は、国王(すなわち曹操の家系)を指す尊い言葉なんです。そんな尊貴な漢字を野蛮な東海の小国に使うはずがありません。実際に魏志倭人伝に載っている漢字は、旧仮名使いの壱のもっと古い字です。
それを江戸時代の学者達が、魏志倭人伝が誤記をしたのである、と勝手に解釈した(無茶振り)にすぎないのです。この字がタイと変われば、ヤマタイ、つまりヤマトと繋がるからです。
おそろしいほどの目的論的解釈です。現代においてもまだ皆がヤマタイコクと言い続けていること自体が摩訶不思議でなりません。あれは誰がどう見てもヤマイチコク以外には読めません。
え~、ウルサイ?失礼しました。





2010年6月7日月曜日

激痛



























日曜日午後、突然胃が痛み始めました。キリキリ、ギリギリとピンポイントに痛みが走るのです。









犬のシャンプーをさせた後痛みは更に悪化し、体の節々も痛み出してきたので、早々に就寝。









お腹にホッカイロを当て、抗生物質と胃薬と風邪薬を飲んで9時過ぎには横になりました。


















朝7時半に目覚めると、1時間以上トイレに籠城。水のようにシャーシャーと(失礼)出ました。









ときどきキリッと痛みが走るので、また横になり、明日からの塾の段取りのことなんかをうつろうつろしながら考えてました。









午後になると痛みはだいぶ減りました。ただ、昨日と比べると痛みの発信源が段々下の方に移動して居るみたいです。昨晩は胃の辺りが痛かったのに今は大腸当たりまで降りてきました。


















寝ている間に汗をかいたみたいで、体中が汗臭いです。一番恐れていたのが、明日からの塾勤めが出来なくなるのではないか、ということでしたが、なんとか行けそうです。
☆写真は、九重夢大つり橋、 阿蘇名物高菜メシ、だご汁、 由布院の名物旅館「亀の井別荘」、その側にある金鱗湖(池の底から温泉が湧きだしています)









video

2010年6月5日土曜日

嗚呼、我が人生で初めての・・・・





























今日、塾の教室長と最終打ち合わせをしてきました。かなりマズイです。わたしが担当する社会科の教師はわたしのみ、ということが分かったんです。ということは、週に4~5日通わなければならない、ということです。ギャオ~。




法律の勉強は午前中に集中してやるしかなくなりました。試験以後てれ~っと怠惰な生活を送っていたのが一気に大変な状況に。



しかもしかも、わたし以前の教師達は超適当な授業しかしていないみたいで、カリキュラム上本来なら明治時代に入っているはずの進路が、なんとまだ室町が終わった段階なんです。


いったいどーすんの?


で、案の定、補習授業をやってくれ、と早速の指示が。こちとら、まだ生徒の顔すら見てないのに。




☆☆☆それで、その打ち合わせの祭、教室長から言われた一言、嗚呼!我が人生においてとうとうこの言葉を使われるようになったのか~っ。彼曰く小学生から見ればわたしはお父さんに見えますが、あんみつ先生は○○○ちゃん ですから、、、って、。



わたしの心臓に深く深く突き刺さりました。


帰り道、うなだれてしまいました。
☆写真は阿蘇に咲くミヤマキリシマ。阿蘇大噴火口
 この写真を見直して気分が落ち着きました。人間なんて阿蘇に比べれば小さい小さい。
 雄大に生きるぞ、って。
















2010年6月4日金曜日

飲んだ飲んだ






















久しぶりにしこたま飲みました。肴も良し。刺身が抜群、鮮度が良い上刺身の切り方も上手でした。









男ばっかり6人で大いに話が弾み、結局二次会がお開きになったのは夜中の12時近く。









一次会ではもっぱらビール。二次会ではウィスキーのロック、水割りばかり。このウィスキーが、アイリッシュウィスキーの『ジェムソンjameson』という甘口の酒で、相当美味しかったです。
















話題は択一の話(これはほんのちょっとだけ)、ゴシップ、今後の身の振り方など。実家に帰り、福岡を離れる人もいます。そうなったらバラバラに。
















我が家に帰り着いたときにはヘロヘロ状態。すぐにバタンキュ~。目が覚めたのは翌朝7時半。頭がフラフラしてました。!!こりゃマズイ。昼過ぎに塾で模擬授業をしなければならないのに。








慌ててお風呂を沸かし、熱い風呂に入ってアルコールを抜こうと。ついでに風呂の中で模擬授業の練習も。








風呂上がりに持参するものをチェックしていたらとんでもない忘れ物に気付きました。提出しなければならない書類があったんです。で、これを書き終えるのに40分もかかってしまい、慌てました。














塾では専任教師3人が生徒役でわたしの模擬授業をチェック。事前の予定では20分くらいで終わって良いと言われていたのですが、実際は50分。最初が久留米付中設対応クラス、後が公立高校受験クラス用の授業をやらされました。














終わってからホームセンターに寄ってわんこの遊び道具、というか、わんこが噛み噛みするための人形







を買いました。女房の実家に行ってわんこの散歩も。家の中ではウンチを全くしなかったのですが、近所の公園に連れて行くと待ちかねていたかのようにポロポロっと出しました。生暖かいウンチを袋に入れて散歩を続けると、おしっこのマーキングを何箇所かで。そのおしっこの量がまたちょろっとだけで、ほんの数CCしか出ません。







他の犬や遊技で遊んでいる子供達を見ると怯えてしまい、わたしが座っていたベンチの下に潜り込んで震える始末。帰宅すると足とおしりを専用のウェットティッシュで拭いてやらねばならず、もうめんどくさいの何のって。














公園に居るとき、塾から電話が。条件面で話がしたいから明日また来てくれ、とのこと。こちらもまた面倒くさくてうんざりです。今日まとめてやってくれたら良かったのに。














☆さてさて、昨日夕方択一の足切り点が法務省のHPで発表されました。思いの外高得点で凍りつきました。公法系の平均点の高さにビックリ。で、わたしはどうだったか、ですが、じつは未だ自己採点していません。このまま今月中旬に届く通知まで待つつもりです。肝が小せ~。







この法務省のHP、昨日夕方開いたのですが、肝心の足きり点の載ったページにはアクセスが殺到してなかなか見れませんでした。仕方がないので直ぐ見れた得点分布表のページを見たところ、5000番の順位の受験生の点数がなななんと225点なんです。去年の5000番の位置は215点なので、今年は10点もアップしていたのです。ギョエ~ッとなりました。わたしの感覚では今年の方が難しいと感じたからです。







 去年の足きりは5000人でしたので、今年も5000人で足きりになるのであれば、225点取っていないとアウト、ということに。これには強烈に参りました。頭から血が引きました。







で、飲み会に出かける時間が迫っていたので、これが最後と、肝心の足きり点の載ったページをもう一度だけクリックしたところ、今度はやっと現れました。見ると!なんとまあ今年の足きり人数は5700人だと。去年よりも700人も多いのです。ということは、足きり点は、、、、215点なんです。オオオ~っ、ありがて~っ!!でした。







もちろん、自己採点しておりません。でも足きり点は下がれば下がるほど有り難いことは間違いないので、なぜかもの凄くホッとしました。







しかしまあ、なんて気が小さいのでしょう、わたしって。恐くてとても自己採点できません。







南無~、と念仏を唱える毎日です。
















2010年6月2日水曜日

道連れ






鳩山総理が小沢を道連れに自爆、息を潜めて好機を窺っていた管が、鳩山が辞めた途端我こそはとしゃしゃり出て来て、こう言いました『わたしは基地問題には関わっていなかったから』って。



あんた副総理だったんでしょ?鳩山をアシストするのがアンタの役回りだったんじゃないの?



あ~見苦しい。



今日一番見てて溜飲が下がったのは小沢の苦り切った顔をみたときだけでした。






鳩山氏にはもの凄く期待していたので正直わたしとしては落胆しました。辞めるなら普天間基地問題で日米合意を反故にして辞めて欲しかったです。キャンプシュワブに滑走路を造るという自民党時代の案とほとんど変わらない合意を無しにした上で最終結論は次の内閣に委ねるべきでした。






それから、橋本大阪知事の言うとおり、沖縄以外の都道府県は傷みを分かち合うか海兵隊基地を日本国外に移転させるために一致団結して政府に働きかけるくらいのことはするべきでした。



それを、わたしの大嫌いな石原都知事(昔は彼の小説をいくつも読んでいたんですよ)が、いつものように偉そうな態度で政府が具体的な提案をしないからダメなんだ、と反対するのです。



 こうなったら一刻も早く枝野さんが総理になるべきです。彼ならなんとかしてくれるでしょう。今一番頼れる政治家ですよ。






☆今日はバイト候補地の塾のペーパーテスト。先生達は性格良さそうでした。職場の雰囲気もほんわかムードで働きやすそうでした。



夕方、ホームセンターにわんこのゲージ(柵、サークル)を買いに行く途中、ペーパーテスト合格したので金曜に模擬授業をしに来いとの電話。



8000円の犬用ゲージを買い、女房の実家に。行ってみると近くの公園に犬の散歩に出ていました。



初めての公園デビュー。自分より大型の犬に向かって、ワン、と吠えていました。



帰る途中、元の飼い主さんがわんこの着物とか血統書(ハイソなわんこだったんですねえ、びっくり)、それからわんこの寝床代わりにしてたモンゴルのパオ(ゲル)みたいな、あるいは竪穴式住居みたいなテント型クッション(これが実は大問題だったんですが)を持ってきてくれました。



帰宅して飼い主さんから頂いた例のパオを床に置くと、ファンタはその中に入り込んで出てこようとしなくなってしまいました。



元の買い主宅では3匹飼っていたそうで、そのパオだけが自分の縄張りだったんでしょう。



わたしがその中に手を入れるとう゛~っと唸ってわたしに噛みつこうとし出しました。



女房のお袋さんがエサを入れた皿をパオのそばに置いてやると、わんこはパオの中から一歩も出ずに首だけ出してエサを食べ始めました。お袋さんはかなり甘やかしてます。



そのうち、犬版の引きこもりになるのではないか、買い主であるわれわれを敵視するようになるのではないかと心配です。



元の飼い主さんはどうもトイレや食餌の訓練を全然していなかったみたいで、本人もわたしたちに申し訳なさそうに話しました。






ま、徐々に訓練していくしかないです。
☆写真上は阿蘇の牧場。口蹄疫騒動がここまで迫ってきていました。牧場の入り口に消毒薬が散布されていました。また、いつもなら山ほどの牛馬が放牧されているのに今回はほとんど見かけませんでした。