2010年1月13日水曜日

魁皇新記録と大雪




今、午前7時です。朝6時に自宅を出たところ、車の上に雪が3センチほど積もっていました。



でも道路は大丈夫でした。無事ローに到着し、自習室に上がると、すでに数人が勉強していました。室温は22度。外は吹雪いていたので暖かさがありがたいです。早速電気毛布をオンにして下半身に巻き付けました。これもまた極楽気分。



遅れている倒産法と行政法の基礎の基礎を今頃やっている最中です。焦りの気持ちをぐっとこらえて基本、つまり条文と定義趣旨要件効果、そして法構造を鍛え上げなければ。


午後、生協の本屋に行こうとして一階に下りたところ、N先生と鉢合わせ。


ヤバイ、と思いつつもにこやかに挨拶をしました。


年末から、ゼミに出てこいと言われながら避け続けていたのです。


10分ほどローの廊下で立ち話というか、お説教というか、激励?をもらいました。


 その後吹雪の中を生協本屋まで。雪が真横から当たってきました。


 本を注文しようとすると、生協のおばちゃんが、その本なら明日2冊入荷するけん、あんみつさんの分をとっといてやるけんね、と言ってくれました。


なんと私の名前を憶えてくれているんです。すごいです。


 その後5分ほど吹雪の中を歩いてドンキホーテに。この前自習室でヘッドホンしてモーツァルトを聴いていたところ、音が漏れてたらしく、女の子から注意をもらったんです。友人からもらったO先生の昔の講義録音(感動もの!)を聴く傍ら、時々、合間に。頭の良くなるモーツァルト、というCDを聴くので。


 それで音漏れのしにくいヘッドホンを買いにドンキまで。


 2800円のやつを買ってノートパソコンにつなぎ、モーツァルトを聴くと、なんともの凄く音が大きく聞こえたんです。ええっ?と驚きました。ヘッドホン次第で音量がこうも違うとは。


 


☆今朝の民事裁判実務でこの前の小テストが返却されました。ちょうど9割でした。


やっぱり伊藤裁判官は意地が悪いなあ。難しい問題が数問あって、満点阻止の意図がありあり。


前回の小テストの不出来と合算すると、一息ついたかなぁ、という感じです。


この授業では危なく遅刻するところでした。ローの校舎を出て学部の校舎に向かおうとしたそのとき、急にお腹が、、、、。で、あわててローのトイレに駆け込んだのですが、おなかは痛いのになかなか出て行ってくれず、仕方なくほとんどでないまま、つまりお腹が痛いまま学部の教室へ(民裁実務の授業は学部の教室で行われているので)。入ると同時に授業が始まりました。そして直ちに出席簿順に答案返却が始まり、わたしは前の方の順番だったので、直ぐ受け取って伊藤裁判官に断りを入れてローのトイレに飛んでいきました。


今度は素直にお出ましくださいまいした。いや~、ほんとにやばかったし、苦しかったです。



video